[ --/--.-- --:-- ] 〈スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ 2011/03.13 20:09 ] 〈その他
金曜日に起きた東北の大地震。

この未曾有の大惨事を目にし、いろいろな事を思ったので今回はそれを綴ってみたいと思います。

文章ばかりですが・・・




今回の地震、名古屋でも震度3の揺れを感じました。

私の会社はとても古い建物なので、それ以上の揺れを感じた気がします。

耐震が十分ではないビルなので、いったん外に避難ししばらくしてから職場に戻りました。

急いでテレビを付けてみると、そこには信じられない映像が・・・

あの大津波がライブ映像で流れていました。

家や車がどんどん流され、大きな船が岸壁にぶつかり、追いかけてくる津波から必死に逃げる車・・・

一瞬何が起きているのかわからず、まるで映画でも見ているかのようでした。

繰り返される映像を見ているうちに、現実に起きていることなんだと思い愕然としてしまいました。




こてつが来る前の年、アニキと旅行で行った仙台・・・

海がとってもきれいでした。

その時は松島と仙台の街を回りましたが、次は絶対気仙沼でふかひれ食べようと話をしていました。

なんだかすべてのことが本当に信じられません。

時間を追うごとに増えていく死者の数・・・

繰り返し流される悲惨な映像を目にする度、胸がしめつけられる思いがします。

ニュースで見たある被災者の方は、津波が来てご近所の方と逃げようとしましたが、その人が飼い犬にエサをあげてから行くと家に帰っていき、その後行方が分からなくなったそうです。

被災者の方の気持ちを思うと、涙がでてきます。

どれだけたくさんの人が大切な人をが奪われたんだろう・・・

どれだけたくさんの大切なものが津波に流されてしまったんだろう・・・

どれだけたくさんの動物たちが犠牲になったんだろう・・・

もうこれ以上被害が拡大しないでほしい!

当たり前のことかもしれないけど、自然を前にするとこれほどまでに人間は無力なのかと、愕然としてしまいます。

絶望的なニュースばかりの中、yahooのニュースで震災直後に誕生した新たな命の話題を目にしました。

そのお母さんは、家で横になっているときに揺れが来たそうです。

3歳の長女を抱え机の下に入り、揺れが収まった後車に避難していたときに陣痛が来ました。

停電で真っ暗な病院で、余震の続く中男の子を出産したそうです。

こんな絶望的な状況の中、誕生した新しい命・・・

人間の底力を見た気がします。

絶望の中に見た小さな光・・・

彼が生まれ落ちた場所はとても過酷な状況だけど、どーか力強く生きていってほしい・・・



一昨日昨日とテレビの前から動けなかったけど、今日はこてつとドッグカフェへ行き、公園でたまごちゃんノックをしました。

震源地からほど遠い街では、今起きている大惨事が嘘なんじゃないかと思うほど、平和で穏やかな時間が流れています。

元気に遊ぶ子供たちや、のんびりお散歩するご老人、春の風を感じてうれしそうに散歩するワンコたち・・・

被災地でも数日前まではこんな光景があちこちで広がっていたかと思うと、また胸がしめつけられました。

必ず起こると云われている東南海地震。

テレビに映る被災地の惨状は近い将来の私の町の姿かもしれない・・・

残念だけど悲しいけれど、人の力で天災は止めることはできません。

でもせめてそんな状況になった時、大切な人たちを命を張って守れるくらい強い人になりたいと思います。

激しい余震が続く中で、新しい命を産み落としたあのお母さんのように・・・



今回の地震は関東でも大きな揺れだったようで、首都圏は大混乱だったようです。

私も必死にアニキの両親や友人と連絡を取ろうとしましたが、メールも電話も全くダメでした。

無事を確認する連絡が取れたのは、随分時間が経ってからでした。

そんな中ツイッターだけは、いち早く情報交換が可能だったようで、帰宅困難者の中にもツイッターの情報で一番早いルートで家までたどり着いた方や、早い段階で家族の安否を確認した方がいたようです。

私もツイッターで友人たちの状況を知ることができました。

昨日早速アニキのIDを取り、全く興味のなかったアニキに必死に使い方をレクチャーしました。

人間用とこてつ用の災害時の持ち出し袋も用意し、アニキと震災の時の待ち合わせ場所と避難場所を話し合いました。



被災地ではまだまだたくさんの方が行方不明になっています。

一人でも多くの命が救われることを願ってやみません。

そして被災地が元通りの姿になるまでには想像できないくらいの困難が待ち受けていると思うけど、被災者の方が一日でも早く穏やかな笑顔を取り戻せる日が来ることを祈り続けたいと思います。

自分にできることは何かと考え、とりあえず今日少しだけど募金をしました。

世界中で地震が起きるたびにこっそり募金をし続けているアニキは、今回ももちろん募金するそうです。

節電のため暖房は使わず、犠牲者の方たちに黙とうをささげ、静かな夜を過ごそうと思います。

隣にこの寝顔を見ながら・・・
IMG_1067.jpg



ダラダラと書いてしまいましたがお付き合いいただきありがとうございました。



最後に、神様どーか日本を守ってくださいm(__)m




~追記~


県別に被害状況をツイートしている SAVE JAPAN です。
是非拡散をお願いいたしますm(__)m



スポンサーサイト

秘密

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。