[ --/--.-- --:-- ] 〈スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ 2012/02.20 21:59 ] 〈こてつ
こてつ家の怒涛の一週間が過ぎようとしています。



この一週間は本当に生きた心地がしなかったアニキとはは。



何があったかと申しますと・・・



P1030340.jpg



こてさん誤飲!そして開腹手術!



今日は文章がかなり長いですが・・・




時計を戻すこと、1ヶ月半ほど。


お正月に、ブランケットに付いていたボンボンをくちゃくちゃと噛んでいたこてさん。


アニキが取り上げようとしたところ、目の前でゴクリ\(◎o◎)/


しまった!と思いつつ、さほど大きなものでもなく、繊維だったこともありその時はそんなに大したことだとは思いませんでした。



その後数日間、オチリから出てこないかな~と気をつけていましたが、出てきた気配はなし・・・



でもその後も全く変わった様子がなかったので、すっかり知らない間に出てしまったと思っておりました。



それが先週の火曜日の夜中突如胃液を吐きながら七転八倒を始めたこてつ。



朝まで何度も吐き続けましたが、朝方いったんおさまったのか?眠り始めたので、心配ながらも仕事に行きました。



仕事を終えて急いで家に帰ってみると、ラグのあちらこちらに吐いた後が・・・



そのまま病院直行!



先生にお正月に誤飲をしたことを告げたらすぐにエコーとレントゲン撮影。



プラスチックなどと違い、布製のものはレントゲンにもエコーにも映りません。



でも先生が注意深く見ていくと十二指腸の辺りに不自然なふくらみが・・・



本来なら2,3日吐き止め薬で様子を見るところだけど、この不自然なふくらみが飲み込んだものだとしたら、腸閉塞を起し命の危険もあるのですぐに切りますと、先生すぐに手術の準備を始めました。



いつもなら一旦アニキに相談する私ですが、なぜかこの時は私の直感がやばい!時間がない!と・・・



即決で同意書にサインをしておりました。



手術直前のこてさん・・・
IMG_3562.jpg



診療時間の終わる7時半から手術をしてくださるということで、一旦家に戻り急いで仕事から帰ってきたアニキと先生からの連絡を待つこと2時間。。。



先生から連絡が来て、やはり十二指腸にボンボンが詰まっていたとのことでした・・・



腸は腐るまでいっていないけど、変色が始まっていたそうです\(◎o◎)/



後1日遅かったら、腸を切らなければならなかったと聞かされました。



幸い処置が早かったので、異物を取り出すだけの手術で終わりました。



その後3日間入院し、土曜の夜無事退院したこてさん。



ずっと絶食だったので、激ヤセしてしまい今は骨と皮だけの情けない体になっていますが、順調に回復しています。



手術から退院までの3日間、こてつのいない我が家は火が消えてしまったようでした。



そしてアニキはなぜあの時早く取り上げなかったのだろうと後悔しまくり落ち込みまくり。。。



こてつが無事退院してきて以降、アンタ大丈夫かい?ってくらいこてつを甘やかしております。
P1030349.jpg
なんだそのドヤ顔(ー_ー)!!



そして、「おっさん×2」目が合うとラブラブタイム。。。
IMG_3590.jpg



そんなこてさん、術後の経過もいいようでお腹の調子も元通りになったので、このまま行けば水曜日には抜糸できそうです。



今回の誤飲は完全に飼主の責任です。



飼主のせいで痛い思いをさせて、本当に申し訳なく思います(>_<)



気をつけても気をつけても、誤飲を繰り返してしまうこてつ。



これからどうやって誤飲事故を防いでいくか、よく考えて対策をしたいと思っています。



とりあえずこれからは誤飲をしたら素人判断で様子を見ないで、すぐに病院に行こう!



駆け足で今回の出来事を振り返ってみましたが、ボステリさんはおもちゃで遊ぶのが好きな子が多く、誤飲をしてしまう子も多いと思います。



みなさんもどーーかどーーーーか誤飲にはお気をつけ下さい。



そして今回のことで、ツイッター、Face book、Instagram等でたくさんご心配のメッセージいただいた皆様本当にありがとうございましたm(__)m







~ははの余談~


いやはや、前から書いてますが今お世話になっている今の先生は、かなりのイケメン!


そして今回も思ったのですが、ほんとうに判断が早く腕がいいのです。


手術中の記録をきちんと撮っていて、異物がつまっていた十二指腸の様子も映像で事細かに説明してくださいました。


どうやらすごく有名な先生らしく、全国からワンコさんが診療にきているそうです。


最近の動物病院の先生は、ワンコをおだてたり擬人化したり、飼主さんにも媚を売るタイプの先生もいますが、このイケメン先生全く違います。


とっても臆病者のこてつも、先生には何をされても平気な様子。。。


イケメン先生は、これぞ獣医師って感じ♪


そして診療代が驚くほど安い!


我が家はペット保険に入っていないので、かなりの額を覚悟していたのに拍子抜けする金額でした・・・


思わず先生に「本当にこの値段でいいんですか?」と聞いてしまいました(笑)


もうこてはは、マジで先生に惚れそうです(*^_^*)


でもでも~こんな頼りがいのある先生なのに年下だったぁーーー(>_<)


ははがっくし・・・(--〆)







スポンサーサイト

秘密

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。